商品によく記載されている、商標の意味とは?

商標を学ぼう!

商標権の売買や譲渡は可能?

商標は商品の出どころを明確にして自社の商品と他社の商品を区別すると共に、消費者にブランドや品質などをアピールすることのできる重要なツールです。
そうしたブランドイメージを獲得するために、企業は多額の費用をかけてプロモーションを行っているため、第三者に勝手に利用されたり、イメージを傷つけられてしまうと大きな損失となります。
そうならないために、商標権という形で権利を法的に保護しているのです。
以前の法律では商品の出どころが混同する可能性があり、消費者を混乱させてしまう恐れがあるとして商標権の売買や譲渡は認められていませんでした。
しかし、現在の法律では商売の多様性を鑑み、売買や譲渡が認められているほか、一定の条件を満たすことで使用を許諾することも認められています。
最近では使われていない登録商標を他者に使用させて収益を得るといったケースも登場しており、アパートやマンションを貸すのと同じような使い方も増えてきています。

商標を売買するにはどうすればいいのか

企業が独自に開発をした商品やシステムに対して、インパクトの強い名称を付けることがあります。
しかし、他企業がそと同じ名称を用いて、似たような商品の販売やサービスの提供をすると、利益が損なわれてしまう場合があります。
そういったことが多く起こると、率先して研究開発や新商品の発売をする企業が減ってしまうため、商標登録という制度が設けられています。
商標登録をすると、他社がその名称を無断で使用することが出来なくなるという仕組みです。
そうすることで、企業が安心して研究開発をすることができる環境を整えています。
そして、商標を売買しようとするケースもあります。
その際には、きちんとした手続きを踏んだ上で行わなければなりません。
そうしないと、他企業に対して、売買の事実を通知することが難しくなるためです。
こうしたことから、商標の売買をする際には司法書士や弁護士などの法律のプロに任せるようにするのが無難だとされています。

Favorite

貸会議室 八重洲口

2017/6/23 更新

Copy Right (C) 2015 商標を学ぼう! All Right Reserved