商品によく記載されている、商標の意味とは?

商標を学ぼう!

商標権を取るためには弁理士が必要

企業が自社の商品つけるロゴやマークを商標といいます。
有名なものなら、誰もが一目見ただけで、あの会社の商品だなと分かるものです。
商標はすなわちトレードマークで、その権利を得るためには特許庁に商標出願を行う必要があります。
出願は誰でもできますが、似たロゴやマークで先に権利を取っている第三者がないかどうかの調査や、利用する商品やサービス範囲を決めるといった複雑な専門知識が必要なので、専門の弁理士に手続きを依頼する方が安心です。
出願後は特許庁の審査官が審査し、合格となれば権利が付与されます。
権利を取得すると権利期間は権利取得日から10年となりますが、期間満了までにさらに10年の期間更新の申請ができるため、ほぼ半永久的となります。
そのロゴやマークは権利者のみが利用できることになり、第三者が使うことができません。
最近法改正があり、特定の音や動きにも商標権の付与申請ができるようになりました。
今後弁理士のニーズはますます高まるでしょう。

商標のことは弁理士に依頼しよう!

商標というのをご存知でしょうか。
これはロゴ等のデザインや、キャッチフレーズや言葉といったネーミングを権利として登録することで、他の人はそれを使用することができなくなるという制度です。
ビジネスをする上で面白いネーミングが決まったとしても、この制度がなければ他の人が真似をしてしまって、せっかく考えた人は損をしてしまうことになります。
そのようなことがないようにするためにも商標と言う権利として守られるようになっているのです。
しかしこの権利は他に似たようなネーミングなどがあると登録ができなかったり、はたまた、登録はできたものの既に登録されているネーミングと似ているということで裁判などになるような場合もあります。
登録をする際にはその手続きも難しいもので、ましてや裁判などになってしまっては手間が大変かかるため、そのような事を避ける意味でも弁理士という専門家に手続きを依頼すると良いものです。
弁理士とは知的財産権の法律に関する専門家で国家資格者ということもあり、信頼して相談をすると良いでしょう。

recommend

名入れボールペンを記念品として贈る

Last update:2017/12/1

Copy Right (C) 2015 商標を学ぼう! All Right Reserved