商品によく記載されている、商標の意味とは?

商標を学ぼう!

デザインにおける商標の重要性

著作権は最近さまざまな場面で問題になっています。
デザインの世界に於いても最近はその権利が主張される様になっており、それが模倣なのかそうでないのか、その判断が非常に難しい部分が有り、裁判になってしまうことも少なくありません。
その為、自分のデザインした物を商標として登録することが推奨されています。
商標の登録を出願することでそのデザインに関し公開することになり、万が一他人が既に類似の物を発案しているのであれば、その時点で異議申し立てを受けることができるからです。
これを行わずに一般に公開したりすると、後からその権利を主張されたりすることが有るので注意が必要です。
商標登録の出願を行い、その後一定期間異議申し立てが無い場合には商標として登録されるので、基本的にはその後第三者が類似性や権利を主張してきた場合にも、原則として却下される様になっています。
この権利はさまざまなところで有益に働くと同時に、他社にその権利を侵害されそうになった際に法律的に権利を守る為に重要なものです。

デザインを生業にする方は商標に注意する

デザインを生業とされている方は必ずするべきことといえば商標の確認です。
自分のオリジナルだと思っていても似たようなデザインが登録されている可能性もあるのです。
もし他の人とあまりにも似すぎていたり、被ってしまえば、インターネット上で炎上してしまう危険性もはらんでいます。
1度火がついてしまうとなかなか収束させるのは難しい一面もありますので、事前に確認しておいた方がいいでしょう。
商標を確認するのは少し面倒だと感じてしまっても、いずれ自分を守ってくれる存在ともいえますからよい方向に考えます。
人間ですから考えるものが似てしまうことはあっても不思議ではありませんが、デザイナーという職業的にはあまりにも似たものを量産するのも好ましくはありません。
必要なのはいかにオリジナリティを追求して、世界に唯一無二の存在であるとアピールすることができるか、ということです。
作品を生み出す苦労もありますが、世間に認められた時には計り知れない達成感を感じるでしょう。

Valuable information

最終更新日:2017/12/7

Copy Right (C) 2015 商標を学ぼう! All Right Reserved