商品によく記載されている、商標の意味とは?

商標を学ぼう!

法律で守られる商標

トレードマークという言葉を聞いたことはあるでしょう。
トレード-マークつまり商標は、特定の企業などが特定のマークやロゴを自社製品につけるものです。
こうすることで他の商品と区別化され、第三者の類似品の流通を防ぎ企業の利益を守ることができます。
そんな商標は、特許庁に申請、その後審査を受け商標権を付与されることで法律により守られることになります。
具体的には、もしも第三者が類似商品に類似のマークを付けて発売した場合、商標権を持った企業は販売差し止めを求めることができたり、実際に被害が発生した場合は損害賠償請求をすることができます。
このような権利を得るためには、企業は特許庁への申請から登録までの手続きはプロである弁理士に依頼する方が安心でしょう。
弁理士は依頼を受けると特許庁に申請する前に調査を行い類似のマークやロゴがすでに申請されていないかどうかを調査します。
企業に知的財産部門がない場合は、特許事務所に依頼すると良いでしょう。

商標に関することは法律で規定しています

企業が自社の製品やサービスに関して、名称を付けたりすることがよくあります。
そういった名称は他の企業に使われてしまうと、利益を損ねてしまう場合があるため、法律により規定を設けて商標を保護するという仕組みになっています。
それには、適切な手続きを踏むことが必要で、商品名やサービス名などに関して商標登録をしなければなりません。
そして、登録済みであることを、パッケージやポスターなどに記載をして周知します。
こうすることで、企業が自社のサービスを提供する場合や、商品を販売するときに利益が守られるというわけです。
そして、こういった商標登録に関することを規定している法律の中には、細かな特別法がたくさんあります。
そのため、登録手続きを行うには、専門家に依頼をすることが望ましいとされています。
そうすれば、正しい手順を踏んでスムーズに登録を済ませることができます。
登録をしないと保護を受けられないため注意が必要です。

おすすめWEBサイト

2018/5/21 更新

Copy Right (C) 2015 商標を学ぼう! All Right Reserved